訓練生の皆様へ

入り口に手指の消毒液を置いています。当校は訓練生に安心してご利用いただくための取り組みとして、以下の予防対策を徹底して行ってまいります。

■玄関、教室等の各所に「手指消毒アルコール液」の設置
■ドアノブ、机、椅子、エアコンスイッチの清掃除菌
■加湿器による湿度調整
■スタッフのマスク着用
■スタッフの健康管理(出勤前の検温、風邪の症状、倦怠感)
■スタッフの手洗い、咳エチケット、消毒、外出時のマスク着用の徹底

訓練生におかれましては、各所にご用意いたしております消毒液をご利用いただきますようお願い申し上げます。

【新型コロナウイルスに関する対応等について】

訓練生の皆様へ

■令和2年3月19日、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が公表した「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」において、日々の学校現場における「3つの条件が同時に重なる場」を避けるため、①換気の悪い密閉空間にしないための換気の徹底(密閉)、②多くの人が手の届く距離に集まらないための配慮(密集)、③近距離での会話や大声での発生をできるだけ控える(密接)など、保健管理や環境衛生を良好に保つ取組を進めていくとともに、咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策を徹底することが重要との見解が示されました。

■この見解等を踏まえ、訓練生の皆さんは、不要不急の外出を避け、マスク着用を含む咳エチケットや石鹸・アルコール消毒液などによる手洗いを励行するとともに、当校では、集団感染のリスクとなる上記の3要素(密閉、密集、密接)が同時に重なる場を避けるための対策を講じるようお願いします。
■なお、感染症情報は刻々と変化しますので、最新の情報を得るように努めてください。

(1)当校における感染症対策と注意事項
●感染は一般的には飛沫感染、接触感染で感染すると言われています。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの「3つの条件が同時に重なる場」では、咳やくしゃみなどがなくても感染を拡大させるリスクがあります。日頃から、マスク着用を含む咳エチケットや石鹸・アルコール消毒液などによる手洗いを励行するとともに、最も感染拡大のリスクを高める以下の環境での行動の回避とその対策を講じてください。
①換気の悪い密閉空間(密閉)⇒換気の徹底
②人が密集している(密集)⇒人と人の距離を保つ工夫
③近距離での会話や発声が行われる(密接)⇒マスクの着用(マスクの入手が困難な場合は、手作りマスクを作成するなど各人が創意工夫してください。)
●物(筆記用具、情報機器等)を他人と共有しないようにしてください。
●パソコン、キーボード、マウスの使用後は除菌を行ってください。
●日直は訓練開始時、昼食、訓練終了時にドアノブとエアコンスイッチの除菌を行ってください
●海外へ渡航し、入校式までに帰国後2週間の経過措置中の方は、自宅での経過観察(自宅待機(体調と体温記録))を行うとともに、電話にて報告をしてください。

(2)訓練外における感染症対策と注意事項
●不要不急の外出を避けてください。特に大都市圏への移動は自粛してください。
●マスク着用を含む咳エチケットや石鹸・アルコール消毒液等による手洗いを励行してください。
●カラオケ店や飲食店等での親睦会などへの参加は自粛してください。

(3)新型コロナウイルスに罹患するおそれのある場合・罹患した場合
●発熱や咳等、体調の悪い場合には自宅で療養してください。訓練開始後に症状が出た場合には速やかに帰宅し自宅で療養してください。いずれの場合も、当校に連絡し、その後の経過についても報告してください。
●次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
●「帰国者・接触者相談センター」で相談した結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介されますので、マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。なお、当該医療機関を受診する旨及び受診結果を必ず当校へ連絡してください。
●新型コロナウイルス感染症に罹患した場合、必要に応じて感染の拡大を防止するための措置を行う必要があることから、在宅のまま速やかに電話で報告をしてください。ついては、最新の情報を確認の上、十分に注意し、慎重に行動するよう、努めてください。
<関連情報ホームページ>

新型コロナウイルス感染症対策 内閣官房

新型コロナウイルス感染症について 厚生労働省

新型コロナウイルス感染症 熊本県

新型コロナウイルス感染症について 熊本市

(4)その他
●新型コロナウイルス感染症の影響等により、就職活動に関して支障が生じている場合はご相談ください。

(5)海外渡航について
●外務省が全世界に対する感染症危険レベルを2に引き上げました。(3月25日現在)
海外への渡航は自粛してください。自粛要請にも関わらず、海外へ渡航した(する)人は必ず、事前、事後の報告をしてください。
詳細は、外務省海外安全ホームページをご覧ください。
<感染症危険レベル>
レベル1:十分注意してください。
レベル2:不要不急の渡航は止めてください
レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)
レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)

<連絡先>
ギガステーション川尻校
連絡先:096-357-9916