Microsoft365テレワーク導入セキュリティ対策支援

テレワークに適したビジネス向けツールが充実!

Microsoft365はofficeアプリケーション、チャット・オンライン会議機能サービス、メールやクラウドストレージ等が1つにまとまり、継続的に利用できるサブスクリプション型の製品です。Microsoft365は在宅勤務やテレワークに適したツールが揃っており、新型コロナウイルスの影響もあり多くの企業が導入を始めています。

また、最新の機能とセキュリティが提供され、チャットやビデオ会議等の機能によりコミュニケーションの活性化、情報の共有、ファイル共有による業務効率化、生産施向上が多いに期待できます。

 

Microsoft365 に含まれているサービス

常に最新のOfficeアプリケーションを提供

いつも使っているWord・Excel・PowerPointは常に最新バージョン!『officeモバイルアプリ』を使えばタブレットやスマートフォンでファイルの表示や編集ができます。

 

チャット・オンライン会議・通話機能を搭載

『Microsoft Teams』は、在宅勤務やテレワークに便利なチャット、オンライン会議、通話機能がひとつになったサービス。インターネット環境があればすぐにオンライン会議に参加できます。

 

メールと予定表

メール・予定表・連絡先が、パソコン、タブレット、スマートフォンのどの端末を使っても最新の情報を確認できます。また、セキュリティ機能が搭載され、マルウェア防御とフィルタリング機能を利用して、存在する脅威から保護しています。

 

ファイルストレージと共有

クラウド上にファイルを保存する『OneDrive』は、自分のファイルにどこからでもアクセスすることができます。『Share Point』を使うとファイルの共有ができ、メンバーと共同編集をして仕上げることができます。

 

Microsoft365 の特徴

常に最新のOfficeアプリケーションを提供

これまでOfficeアプリケーション(Word・Excel・PowerPoint・Outlook)はライセンスを購入して使っていました。しかしライセンス製品はサポート期限があり、サポートが終了するとセキュリティの問題や不具合のリスクが発生しました。その問題点を解消した製品がMicrosoft365。本製品はサブスクリプション型で、Word・Excel・PowerPoint・Outlookは常に最新バージョンが使え、バージョンの違いによるレイアウトの崩れといった不具合もありません。さらにタブレットやスマートフォンに『officeモバイルアプリ』をインストールすれば、ファイルを開き編集ができるので、いつでもどの場所でもWord・Excel・PowerPointが使えるので便利です。

チャット・テレビ会議・音声会議はMicrosoftTeamsで実現

インターネット環境があれば、MicrosoftTeamsを使ってチャット、テレビ会議、音声会議ができます。別途チャットツールやカメラ機能アプリを準備する必要はなく、在宅勤務やテレワークで簡単に会議に参加できます。

さらにMicrosoftTeamsを使って会議を行うとき、議事録や提案書などのファイルを作成しながら進めることができます。ファイルはリアルタイムで更新し、参加者同士で編集ができるので、会議と同時に情報の共有と資料の作成が実現します。

メールと予定表

メール、予定表、連絡先はリアルタイムで同期しているので、パソコン・タブレット・スマートフォンでいつでもどこでも確認することができます。メールは最大150MBのメッセージを送信でき、保存容量は100GB。セキュリティ機能が搭載され、マルウェア防御とスパム対策のフィルタリング機能を利用し、常に存在する脅威からメールを保護できます。

ファイルストレージと共有

OneDriveは、クラウド上に自分のファイルを保存するので、どこからでもアクセスできます。OneDriveに保存したファイルは自動的に自分のパソコンに同期されるので、オフラインでもファイル編集ができます。

 

SharePointは、チームやプロジェクトごとにWebサイトを作りメンバー同士で情報共有ができるツールです。サイト内にはファイル・画像・見積書や発注書といった書類の保管や、業務の流れが見やすいワークフロー、予定表などをデータベースとして管理し進捗状況を把握することができます。また、Officeツールと連携でき、メンバー同士がSharePoint上でファイルの編集と共有が可能です。

その他、Microsoft365でできること

Formsは、社員や顧客から意見や感想などの情報収集を行うならFormsを利用すると便利です。簡単にアンケート、投票、質問票をオンラインで配布し、回答を集めることができます。結果を共有し今後の行動につなげることができます。

 

Plannerは、タスクを作成し、タスクの担当者や期日の設定ができ、タスクの割り当てから完了までを管理します。誰がどのタスクを担当しているのか、作業をしているのかが一目で分かるので、メンバーは全体の足並みを揃えることができます。