サーバ導入の勧め

会社で使用しているパソコンのデータは、大丈夫ですか??

パソコンのトラブルで一番多い事案は、「データ復旧」です。

会社にサーバを導入することで「データの安心」を獲得できます!!

 

会社で使用されている、パソコンは複数台になり重要なデータが、各社員のパソコンにバラバラに入っています。

そのパソコンが、

● 朝から起動すると電源が入らない。

● データを誤って消してしまった。

● 上書き保存してしまった。

● ゴミ箱から削除した

● 作成したデータが見つからない。

● USBメモリやSDカードに入れていたデータが消えた。

最近では、ウイルス感染(ランサムウェア)に感染し知らない間に暗号化されてしまい開けない!!

会社の情報が外部へ漏洩した。

などなど、多数のトラブルが発生しています!!

ハードディスクには寿命があります!! 

ギガステーション川尻校データ復旧
ギガステーション川尻校データ復旧

ハードディスクは消耗品で寿命は、約10,000時間です。

例えば・・・・・・

週5日間、1日8時間パソコンを使用した場合

● 1週間で 5日 × 8時間 = 40時間

● 1カ月4週間出勤として、160時間

● 1年間で 160時間 × 12ヶ月 = 1,920時間

● 5年間で 1,920時間 × 5年 = 9,600時間使用します。

5年で、寿命の10,000時間に達成します。

10,000時間に達しなくともいつ壊れるか分かりません。

● 強制終了したとき

● パソコンを落とした時

● お茶やコーヒーをこぼしたとき

など、いつ壊れるか分かりません。

壊れてしまった場合、データ復旧ができれば良いのですが、最悪できない場合この世に存在しないデータです。

諦めるしかありませんし、データ復旧に莫大な費用と時間が必要です。

データ消失は常に考えられるので、早急な対応が必要です。

そのままの状態でデータは大丈夫ですか??

そこで、サーバの必要性がでてきます!!

サーバの機能 その1

ファイルの共有(一元管理)

ファイル、プリンタ、アドレス帳やカレンダーなどを同僚や取引先と共有して、効率的に仕事できます。以前、山田さんが作った資料を別の方も利用でき、業務も効率化します。

例えば、・・・・・

以前作成したA社に提出した見積書、金額と会社名を変えればB者に提出できる!

など

 

サーバ一元管理
サーバ一元管理

serverimg4

ファイルの保護

ウイルスなどの脅威からサーバで防ぐことができ、重要なファイルやデータのアクセスも監視できます。

 

サーバの機能 その2

データのバックアップ

これが、大変重要なサーバも仕事です!

毎日決められた時間に、自動でバックアップを行う。

単純だけど、この方法しかありません。

間違って、上書きしたファイルやごみ箱から削除したデータも、素早く元に戻すことができます。

バックアップが用意
サーバ内に全ての会社データが入っているのでサーバをバックアップすれば重要なデータはバックアップされる。

サーバの機能 その3

リモートアクセス

例えば・・・・・・・・・・・・・

出張先から会社のサーバに保存したファイルを見たい場合

スマホやタブレット、ノートパソコン(テザリングなど)を使用して、サーバにアクセスしいつでも必要なデータを見ることができます。

会社の部下に、資料を作成してもらい、出張先で受け取ることもできます。

アクセス権で管理

全社員のデータが入っているので、見られたくないデータもありますよね。

その時は、アクセス権を設定することで、担当者のみ閲覧できるフォルダを設定することができます。

担当者のみ閲覧できるフォルダや閲覧できるファイルなどのアクセス権

ファイル共有

 

プリンタ

サーバでプリンタ・スキャナなどをより一元的・効率的に管理でき、ドライバもサーバからいつでもインストールできます。

 

serveromg2

 

 

サーバってどんな形?

25名以下であれば、

Windows Server 2016 Essentials.

Windows Server2016 + 25クライアント(25台)ライセンス付き

Windows Server 2012 Essentials.の写真

Windows Server 2016Essentials(幅220mm×高さ273mm×奥336mm)

 

こんなに、小さいんです!!

• 使用しているCPUは、高速なインテルXeonプロセッサとWindows NT Server 2012
• コンパクトなサイズのサーバなので、設置場所を大きくとりません

 

当然、信頼性が高いハードディスクを4機装備しています。

??( ゚Д゚) えっ なぜ 4台??

それは、4機のハードディスクでRAID1「ミラーリング」を行っているからです!!

 

ミラーリングって??

ミラーリングとは、同じ内容のデータを2ヶ所のハードディスクに分けて入れることです。

ミラーリングを行うことで、1機のハードディスクが壊れても、もう1機にデータが残っているのでそのハードディスクから素早く復旧できます!!

 

更に、サーバ内のハードディスクを外付ハードディスク更にバックアップを自動で行います。(設定次第)

これは、万が一、サーバ内のハードディスクが故障しても、バックアップデータから復元できるので安心です。
誤って消してしまったファイルなども世代でバックアップを行っているので、以前の日付単位でデータも復元できます。

 

今のお使いの会社のパソコンが壊れてデータが読み出せない状況になっても大丈夫ですか?

すぐに対策を打たないと明日ハードディスクが壊れるかもしれません。